2008年03月28日

空気の流量を計測するには?

当面は wx5 で十分と思うのですが、空気の流れをセンシングするデバイスを自作する場合どうしたら良いか?素朴な疑問です。

ぱっと思いつくところでは、圧力センサーを使えば良く、これは手持ちにあるのでそのうち調べることにします。他に方法ないかしら?
(ちなみに、Ian Fritz さんの Stealth, Son of Stealthは、圧力センサー方式のようです)

さらにぱっと思いつくところでは、自動車のキャリブレータなどでなんかやってないでしょうか?

ということで、調べてみたら、こんな資料が見つかりました。
http://www.autoshop101.com/forms/h34.pdf

"Air Flow Sensors"
トヨタのセールスエンジニア向けの研修教材のようです。
いくつかの方法が説明されています。

続きを読む
posted by gan at 22:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

wx5 の出力

SNS 日記で少し前に書きましたが、wx5 を入手しました。
もちろんアナログシンセのコントローラとして使うためですが、まだ MIDI-CV を作っておらず使えません。

wx5.jpg

まずは、wx5 からどう信号が出ていて、どう使えばよいか調べることから始まります。

続きを読む
posted by gan at 22:46| Comment(9) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

Evolver

さて、今年もシンセサミットが終わりひと段落した今、自作していた「くろちゃん」も Analog2.0 も、一応音が鳴るようになったのですが、出来栄えになんとなく漠然と不満があります。それは一体なんであろう、とここ一週間考えていたのですが、それはやはり「これら楽器としてどうよ」ということなんだと思いあたりました。

ということで、思い悩んでばかりいても解決しないので、楽器屋さんに行って製品のシンセを触って来ました。不勉強なことに、私製品のシンセを触るなんてことほとんどやっていませんでした。

弾いてみたキーボードは、
- Evlover (Dave Simith Instruments)
http://www.davesmithinstruments.com/products/mek/
- Nord Wave (Clavia)
http://www.clavia.se/main.asp?tm=Products&clpm=Nord_Wave
- Little Phatty (Moog Music)
http://www.moogmusic.com/detail.php?main_product_id=254
- カーツウェイルのピアノ
- ハモンドのオルガン

Little Phatty は正直そんなに魅力的に感じませんでした。
カーツウェイルもハモンドもすばらしかったのですが、シンセではないのでここでは割愛します。そして、Evolver、驚きましたです。Nord Wave もなかなかでした。

この2機種について忘れないうちに感想を書いておきます。

続きを読む
posted by gan at 23:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

musicdsp.org

最近シンセ製作が完全ストップしてます。製作記録が全然なくて情けないです。

調べものは時々やっていて、以下のようなサイトを見つけ喜んでいます。
http://www.musicdsp.org/showmany.php

簡易的なファンクションジェネレータや信号分析など、ソフトでやったほうが簡単かもしれないことはソフトでやろうかなーと考え始めています。
それにあたって上記は宝の山であります。

ところで、このブログに私のメールアドレスを書いていないことに気付きプロフィール追加してみました。メールによるコメントも歓迎です。
posted by gan at 01:18| Comment(9) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

コーラス設計について

コーラスの勉強をぼちぼちと開始。前回作ったときには AMDEC のキットだったので理屈はわからず何となく作ってましたが、今回は BBD がいっぱいあるしちゃんと設計できるようになったほうが面白そうです。

参考になるページを備忘メモです。

takeda さんのページ
http://www.aleph.co.jp/%7Etakeda/radio/chorus/

ふふふさんのブログ
http://eu11.stripper.jp/pulcino/blog/archives/000009

ううむ、コーラスって奥深いです。やっぱり面白そうです。
posted by gan at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

エンベロープジェネレータの回路

eg.jpg
エンベロープジェネレータの基板から回路図を起こしてみました。

これが2系統入っていました。
eg.png
これは自前設計の回路です。「なるべくディスクリートのコンセプト」からいきなり外れているような気がしますが、まあ気にしない気にしない。
まだ通電していません。タンタルコンデンサが使われており劣化がちょっと心配です。でも楽しみです。
posted by gan at 01:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

またノイズジェネレータ:変調回路はどう効いているのか?

いつもお世話になっているアナログ震世界の皆さんが集まるアナログシンセビルダーサミットが今週末あるようです。私もお邪魔できるといいなと思っていましたが都合つきませんでした。残念。

さて、ノイズジェネレータの話題です。これが最後です。ノイズジェネレータについていた変調回路は音にどう効果があるのか書いてみました。少しでもここを読みにきてくださっている皆様の参考になれば幸いです。

続きを読む
posted by gan at 02:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

パーツ箱を覗いてみる

基板といっしょにパーツ箱が出てきました。3箱あって、下の写真は一箱目です。
partsbox.jpg
なんかいろいろあるある。
オペアンプがたくさんあります。
TL072
TL082
RC4558
CA3080
しばらくオペアンプにはこまらなさそうです。
トランジスタ類では 2SC945 が50本ほど袋に入っていました。袋に「慣らし済み」と書いてあるので、VCF でも作るつもりで特性の近いものを選んでいたのでしょう(例によって全然覚えていない)。ダイオードラダーの VCF も作ったので、IS1588 と思われるダイオードもかなりたくさんあります。あとは、C-MOS ゲート IC が若干
MC14001B quad 2-in NOR
MC14011B quad 2-in NAND
MC14025B triple 3-in NOR
MC14081B quad 2-in AND
など。なつかしいなあ。他に3端子レギュレータなどもありました。抵抗・コンデンサの類はかなり少なかったので、実際に製作をはじめたら買い足さないといけないです。

さて、出てきたものは大体一通り眺めたので、いよいよ古い基板を動かす努力をはじめたいと思います。まずは電源から着手の予定です。
(のんびり続く)
posted by gan at 03:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。