2008年03月28日

空気の流量を計測するには?

当面は wx5 で十分と思うのですが、空気の流れをセンシングするデバイスを自作する場合どうしたら良いか?素朴な疑問です。

ぱっと思いつくところでは、圧力センサーを使えば良く、これは手持ちにあるのでそのうち調べることにします。他に方法ないかしら?
(ちなみに、Ian Fritz さんの Stealth, Son of Stealthは、圧力センサー方式のようです)

さらにぱっと思いつくところでは、自動車のキャリブレータなどでなんかやってないでしょうか?

ということで、調べてみたら、こんな資料が見つかりました。
http://www.autoshop101.com/forms/h34.pdf

"Air Flow Sensors"
トヨタのセールスエンジニア向けの研修教材のようです。
いくつかの方法が説明されています。

続きを読む
posted by gan at 22:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

wx5 の出力

SNS 日記で少し前に書きましたが、wx5 を入手しました。
もちろんアナログシンセのコントローラとして使うためですが、まだ MIDI-CV を作っておらず使えません。

wx5.jpg

まずは、wx5 からどう信号が出ていて、どう使えばよいか調べることから始まります。

続きを読む
posted by gan at 22:46| Comment(9) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

モニタスピーカ修理

えらく久しぶりの更新です。
何も作っていないかというと、実は結構忙しく製作していたりします。
ネタもたまってきたのでもう少ししたら公開いたします。

monitor-speaker.jpg

今回は小ネタです。
出音確認用として使っていた安物のPC用スピーカが鳴らなくなったので修理しました。原因は接触不良とオーディオケーブルの断線だった模様。それだけ直すならすぐですが、つい改造も加えてしまいました。

続きを読む
posted by gan at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

トラ技3月号/2008

付録のD級アンプ基板につられて買いました。

ほとんど壊れかかっている、出音確認用スピーカー(PC用のへぼいやつ)のアンプ差し替えのつもりでいたのですが、出力25W、電源は ACアダプタ二発を想定、という設計で、へぼスピーカーのアンプにはかなりオーバースペックです。

実はちゃんとしたモニタ用に Bose 111AD を入手してあったのですがアンプがまだ用意できておらず、こっち用にどうかな、と思案中です。
思案しなくても、どうせもう基板はあるので何も考えずさっさと作ってしまうのが吉そうです。
posted by gan at 17:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

ステレオリバーブ

人間考えることは一緒なようで、

http://www.musicsynthesizer.com/DIY/Grant/Spring%20Thing/The%20Spring%20Thing.html

同じような絵がアイデアノートにあります。でも実際に作っちゃうほうが100倍えらいですね。
posted by gan at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 製作/鍵盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

相似リバーブユニット

reverb_units.jpg

オークションにて古いリバーブユニットを入手。
カンがあたり、かねて持っていたユニットと同じ型番でした。
下が今回入手したもの。ちょっとだけきれいです。
落札額より送料のほうが高くつきました :-)

ちなみにどうでもいいことですがカマボコ板の上にいる、ゴキブリっぽい物体は、こないだのP600修理で摘出したCEM3340くんです。使い道がなく、かといって捨てるには忍びなく机の上を徘徊中。
posted by gan at 02:25| Comment(46) | TrackBack(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

MIDI

突如 MIDI 規格の勉強始めました。以前からやろうと思ってましたが先延ばしになっていました。
とりあえず今週末のてもちぶさた時の読み物は MIDI 解説で決まり。

解説ページを色々探しましたが、ここが私には一番わかりやすかったです。
http://www.borg.com/~jglatt/tech/midispec.htm
いちおう通信プロトコルのレイヤーわけが若干意識されてかかれています。
これが私には一番とっつきやすいです。

MIDI ってなんじゃろ?と恐怖に思ってましたが、自分語に訳してしまうとあんまり恐くなさそうです。

以下自分語:

物理層: MIDI ケーブルまわりのもろもろ
データリンク層: 31.25kbps ボーレートのシリアル通信
ネットワーク層: 基本的にブロードキャスト
トランスポート層: 強いてあげればシリアルのストップビットかな?
セッション層: コマンド送りつけ型。非同期。ACK は戻さない。通信エラーなんて無視無視。
プレゼンテーション層: 機械語に近い。命令 + パラメータ、命令によって語長が異なる
アプリケーション層: シンセ! と演奏!

うーん、すごく納得。

つまり非同期通信なので、レシーバである MIDI-CV を作るのは難しく皆さん苦労されているのですね。

うーん、すごく納得。
posted by gan at 12:26| Comment(47) | TrackBack(0) | ディジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

ノイズジェネレータ改善

昨日記事にした、電源ノイズを拾う Analog2.0 ノイズジェネレータ回路ですが、
white-noise.png
シミュレータで調べたところ、初段の増幅器 Q1 のコレクタ側から電源ノイズが回り込むことがわかりました。
ちょっと考えてみるとあたりまえで、Q1 は基本的に定電流動作していますから、コレクタ抵抗が非常に大きいのです。このため電源のリップルが簡単に Q1 コレクタ側に現れてしまうんですね。

原因がわかってしまえば対策は簡単、というか、これを回路設計的に逃げるより電源にノイズが乗らないようにするほうが楽チンなので、とっととフィルタを入れることにしました。

whitenoise2.png

シミュレータで効果を確認後、ブレッドボード実験回路で実際の効果を試験、効き目ありました。
少ない手数で十分な効果、とりあえずこれでオッケーです。
posted by gan at 00:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

速報

Analog さんのページ
http://analogclone.com/
に、評判の TR909 音源クローンの情報が載りました。

直接リンクいっちゃっていいのかわからんのですが
http://analogclone.com/909.html

やっぱりかっこいいです。
ツマミがなかなか素敵ですが、これ秋月の20円ツマミでは?
お金節約してもセンスがよければかっこよく作れるのですね。

今のところキットとしてのリリースはないとのことが残念ですが
回路図はキットてに入るので追試してみることはできそうです。
(時間許す限り)
posted by gan at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

prophet-600 修理 (Repaired Prophet-600)

今朝のNHKラジオ朝一番でシンセサミットの様子が放送されたのですが、寝過ごして見事に聞き逃しました。とっても残念。

で、何をしていて寝過ごしたかというと、ずっと放置してあった故障品 prophet-600 を明け方まで修理してたんです。

p600top.jpg

症状は、A・B とあるオシレータのうち、A からのが時々音が出ないというもの。6系統ある音源のうち、一系統のオシレータ A が止まっているわけです。
実は、VCO チップ CEM3340 のうち一つが出力していないところまではすでに切り分けてありました。

今回は、チップが動いていない原因をもう少し調べるところから始まります。以下の手順で調べました。
1. まずは、鳴らないICをソケットから外して電源が正しく来ているかチェック。想定どおりの電圧が来ています。
2. まわりの回路を見ても特に劣化は見当たりません。はんだがはがれているような形跡もなし。本来ここは導通チェッカやテスターで詳しく調べるべきなのですが、ずぼらして見た目だけで「まわりは大丈夫」としてしまいます。(よいこはまねをしないようにね)
3. 再度チップを挿しなおします。回復せず。ICの足が接触不良を起こしている線はありません。
4. これは、おそらくチップが壊れたのでしょう、と判断し、ストックの CEM3340 と交換。直りました。

おまけ:基板写真 p600board.jpg
上段に横並びの6チップが CEM3340 です。一つだけ違う色なのが交換したものです。

ちょっとだけデモ音を録音しました。
え?なんで自作のシンセはデモを出さずに製品のを出すんだって?
えへへ

うーん、さすが。こういう音好きです。当面の目標にしようかしら。

English version of the article follows...
posted by gan at 12:15| Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。