2007年03月19日

スイッチング電源

某 SNS で議論になっている電源の設計の基礎データをとるため、2種類のACアダプタの挙動を調べたので記録をメモです。どちらもいわゆる秋月ACアダプタです。

【9V 1.3A L.T.E. GFP101U-0913】
無負荷 : 9.17V 100mV p-p のノイズ、60Hz, 111kHz, 2MHz の複合
負荷0.3A : 9.04V 20mV p-p のノイズ
負荷0.6A : 8.86V 100mV p-p のノイズ

【15V 1.6A JET NT24-1S1516】
無負荷 : 15.15V 600kHz のノイズ 15mV p-p
負荷0.3A : 15.01V 600kHz のノイズ 20mV p-p
負荷0.6A : 14.84V 600kHz のノイズ 40mV p-p

【考察・コメント】
負荷による出力電圧の変動は意外と大きいようです。
スイッチングノイズの出方のパタンは種類によって異なります。
スイッチングノイズはどちらのアダプタもかなり大きく、アナログ回路に使うにはノイズ対策が必要そうです。
参考までに、Rがわりのダイオードと 220uF + 0.1uF の C でCRフィルタを組み効果を確かめましたが、一定の効果は得られるものの、完全なノイズ除去はできませんでした。
L を入れるとどうなるかも確かめてみたい気もします(しかし、大容量を流せるL持っていません)
三端子レギュレータを使うのも効果ありました。こちらはオシロスコープではノイズがほとんど読み取れないところまで除去されます。CRフィルタと三端子レギュレータの組み合わせが、ACアダプタを使ったアナログ用電源の現実的な設計かもしれません。
posted by gan at 01:57| Comment(10) | TrackBack(0) | 製作/電源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

リングモジュレータ回路とパタン

日課にしている Electronotes アーカイブ化は、やっと7号です。
http://www28.atwiki.jp/synth/?page=1%E5%B7%BB7%E5%8F%B7
恐ろしく先が長いです。6号あたりから、面白い読者投稿回路が紹介され始めています。特に7号では、入力信号をリングカウンタにかませて出力をディジタル信号として D/A して音源にする、というウェーブシェイパーが紹介されていて、現代でもマイコンを使って面白いものが作れそうで、うーん、1972年侮りがたし、と思いました。

閑話休題。
リングモジュレータの試作回路をパタンに落としました。
ring_modulator_pattern.png

今回から、時間節約のために Eagle の自動ルーティング機能を使うことにしました。クセをまだつかめていませんが、それでも一から手で引くよりは楽です。

回路図はこちら。VCO コントローラと同居です。
ring_modulator_sch.pdf

デュアル VCA みたいな回路です。元ネタは多分 Buchla システムだと思います。どうせあちこち調整なので、ずぼらしてトランジスタのマッチングはとりませぬ。

The English version of the article follows...
続きを読む

2007年02月28日

Electronotes はじめました

昨年無謀にも Electronotesの full package を購入したのですが、長いこと「つん読」になっていました。突然思い立って読み始めることにしました。すごい分量なので、一度読んでも、どこに何が書いてあるかなんて、絶対にわからなくなってしまうでしょう、ということで、概略紹介の WIKI を立ててみました。

http://www28.atwiki.jp/synth/

Chuck さんの真似して @WIKI サービス利用です。

読むのは多分通勤電車内が中心になると思うので、いつ読み終わるやらです。
続きを読む
posted by gan at 23:19| Comment(45) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

リングモジュレータ

間抜けにも作り直しになってしまった VCO コントローラはともかく、メインパネル上の最後のモジュールに着手です。リングモジュレータ。何故コントローラが終わっていないのに着手かというと、コントローラだけでは 100x75 の基板が半分余ってもったいないから同時製作にするのです。

ring-waveform.jpg

ブレッドボード上で試作開始。出力レベルが小さすぎるという問題はありますが動きました。楽しげな波形が出ています。あとは出力波形レベルを調整すれば製作に移れそうです。

今チップ部品でやるかリード部品でやるか迷い中です。
(リード部品でやるつもりだったのですが、とりつけスペースの関係で表面実装しないとだめかもです。)

2007年02月26日

PWM

AVR からの PWM 出力もなんとかできるようになりました。データシートによると、精度を出すには phase correct PWM を使うのじゃ、とのことなんですが、まずは動作のわかりやすい fast PWM で感覚をつかみました。
LED の明るさを調整、押しボタンの割り込みで光量調整するプログラムで練習。こ、これは楽しいです。

実は PWM は少してこずったのですが、一番の障壁になったのは、AVR Studio 備え付けのヘッダファイル 2313def.inc に TCCR0A, OCR0A, OCR0B レジスタの定義が抜けていたことでした。これらのレジスタ、使おうとするとコンパイルエラーになるので、あれー?何か勘違いしてるかなー?と迷いました。結局 2313def.inc に定義追加したら動くようになったのですが、あまりにもすぐに踏みそうな問題なのでやっぱり何か勘違いしてるかしら、と不安です。
posted by gan at 02:45| Comment(6) | TrackBack(0) | ディジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

AVR 勉強続く

AVR 使ってタイマ割り込みもできるようになりました。やっぱり本ではよくわからず、データシートとシミュレータとにらめっこでした。
また、何か真似できるネタがあるかも、と「AVRマイコン活用ブック」買いました。液晶表示や電圧計などマネしたくなるネタの宝庫でよい買い物でした。
次は、PWM 出力に挑戦。たのしいたのしい。
そろそろ実用に使いたいです。(ネタあたため中)
posted by gan at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ディジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

割り込み

思い出したように勉強している AVR
やっとこさ割り込みの仕組みが理解できました。
ピン・チェンジ・インタラプトできました。うれしー。おもしろーい。

本読んでもいまひとつわからず、結局データシートと AVR Studio のエミュレータが一番助けになりました。

次はタイマ割り込みに挑戦です。

AVR エキスパートの皆様に笑われてしまうような話ですが。
posted by gan at 01:31| Comment(47) | TrackBack(0) | ディジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

逆だった

VCO 2&3 用のコントローラの基板に部品を載せました。

controller_fail.jpg

が、ボリュームの取り付け方向が逆でした。パネルにつきません orz

つ、作り直しかしら...
posted by gan at 00:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作/VCO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

VCO 基板をパネルにのせる

VCO 基板、カメ歩みで調整をしていましたが、大まかにあってきたのでパネルにのせました。
vco23-panel-rear.jpg

続きを読む
posted by gan at 00:05| Comment(7) | TrackBack(0) | 製作/VCO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

VCO 2&3 本体マウント完了

ちまちまと進めていた VCO 2&3 の部品マウントがやっと完了しました。

vco23mounted-top.jpg

パタンの作成にはかなり苦労したが、実際部品が載ったところを見ると意外とスカスカです。ちなみにオペアンプ2U x 6個、トランジスタ12石、抵抗は約80個、半固定抵抗13個と、リード部品では 100x75 基板に載せるのはちょっと苦しい部品点数です。

周波数、オクターブレンジ、波形セレクトのための VR、SW はいつものように基板にじか付けです。

vco23mounted-btm.jpg

電源を投入、動くには動きましたが、ピッチがなんとなく不安定で、基板に触るとびょーんと変わったりします。もうちょっと安定性強化が必要です。きっとアースパタンの取りまわしが悪いのだと思います。そもそもパタンの出来があまり気に入ってないのですが、今さらこれを作り直す気力はわきません(本当は作り直したほうが良さそうですが)。
posted by gan at 13:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作/VCO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。